×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

武器屋リードの営業日誌
ライン

エピローグ〜プロローグ

 一月ほどして、オーフィスから手紙が届いた。
 さすがは王族の手紙、封筒からして見事な刺繍が施された布製だ。
 そんな封筒をしげしげと見つめてから手紙に目を落とす。
 なかなかの達筆だ。で、肝心の内容はと言うと。
 店のカウンターに肘をついて手紙を読んでいく。
 民衆の蜂起によりオーフィスが新たな王の座についたこと、剣のこと、街の様子、新たな決意、俺への感謝の言葉、色々と書いてあった。
 だがそれ以上に嬉しかったのが、オーフィスがミアを妻にすることを決めたという件だ。
 もちろん反対する者も多く、今王宮は大騒ぎらしい。
 確かに王族と平民の結婚など前代未聞だろう。それももし成立すればミアは王女様になってしまうわけだ。
 手紙には入れ替わり立ち代り朝から晩まで異口同音に「考え直せ」と言われ、鬱陶しくて仕方がないと書いてあった。
 まぁ確かに自分の娘をオーフィスに娶らせ、権力を握ろうと考えていた輩にとっては死活問題だろう。
 オーフィスが王としてどれだけの手腕を発揮するか、全てはそこにかかっている。
 まぁ、なんというか、いきなり大仕事抱えちまったよな。大変だぜ、臣下の人間を全て説き伏せて回るのは。
 手紙を片手につい笑ってしまった。
 オーフィスはもう俺の立ち入れない領域にいる。
 俺にできるのはこうして笑いながら、大丈夫さ、と信じる事だけだ。
「ねぇ、見せて」
「あぁ、はいはい」
 横から袖を引っ張るクレアに手紙を渡した時だった。
 店の入り口に大量の荷物を背負ったずんぐりとした男が現れる。
「ガルド!」
 久しぶりの再会につい大声で名を呼んでしまった。
 薄汚れた旅装束にもっさりとした髭。背中に背負った荷物からは数本の剣や槍が突き出ている。
 間違いない。旅商人のガルドだ。
 彼は世界中を回り、珍しい武器を手に入れては商店に卸すことを生業としている。
 彼の紹介で取引をするようになった工房も数多くあった。
「久しぶりだな。半年ぶりくらいじゃないか? どこかで野垂れ死んだのかと思ったよ」
「わははは。世界の全てを見るまでは死なんよ」
 言って豪快に笑うガルド。背中の武器が盛大に音を立てる。
「おじちゃん」
「おぉ、クレアか! 元気そうで嬉しいぞ。だがおじさんはよしてくれ。これでも二十五だ」
 そう、彼は俺と同い年なのである。
 明日、娘が結婚するんだと言ったところで誰も疑わないような風貌ではあるが。
「今までどこで何してたんだ?」
「いや、話せば長くなるのだがディストで足止めをくってな」
 軽く目を大きくし、オーフィスから来た手紙を一瞥する。
「ふむ。ではディストの最新情報を教えてやろう」
 ガルドが髭を撫で、得意げに胸を張る。もっとも、前に出たのは腹の方だったが。
「今ディストでは」
「王様が変わったんだよね」
 これまた得意げなクレアの声。
 沈黙。
「……なぜ、知ってるんだ?」
「いや、ディストに知り合いがいてさ」
 ややこしくなりそうだからオーフィスの事は黙っておこう。
 クレアに出鼻をくじかれたガルドだったが、すぐさま持ち直し再び胸を張る、というか腹を出す。
「じゃあとっておきだ。今度の新しい王様ってのが変わり者で」
「平民の女の子を娶ろうとしてるんだろ?」
 再び沈黙。
 あ、ちょっと寂しそうだ。
「なぜお前が知ってるんだ。ディストの国民でさえ一部のものしか知らないのに」
 詰め寄ってくるガルドに目を逸らす俺。
「お、俺だって色んな情報網持ってるんだよ」
「ふん、まぁいい。じゃあこんどこそ本当にとっておきだ。新しい王様が旅の途中で出会った賢者の話だ」
「あ、それは知らないな」
 俺の反応にガルドの顔がぱぁっと輝く。素直だな、おい。
 わざとらしく咳払いなどして、ガルドが口を開いた。
「いやな、今の王様が持っている聖剣の話なんだが、実は先々王のものなんだと。何でも旅の途中で出会った賢者様がその聖剣に大いなる力をお与えになったらしい。悪しき心を持った者が聖剣に触れただけで霧のように消え去ったっていう噂もあるくらいだ。しかもその賢者様、このルーヴェリアにいるらしいぜ。いやー、一度会ってみたいよな」
 どこか遠くを見るような眼のガルド。
 俺とクレアは互いに目を見合わせ、爆笑してしまった。
「あ、お前らバカにしてるだろ。聖剣に触れたら消えちまう側の人間だな」
「賢者様、賢者様」
 はやしたてるクレアに腕を組んだガルドの口がへの字に曲がる。
 噂には尾ひれがつくって言うけど、なんか角とか翼とかまでついてる勢いだな。
「賢者様か。意外と近くにいるような気がするんだけどな」
 と、ガルドが手をぱたぱたと振る。
「まさか。森の中で一人精神を磨いてるようなお人さ、きっと。こんな田舎町にいるもんか」
「そうかなぁ。実は流れ星に素敵な恋を願ったりする人かもしれないぜ」
「なんだよ、それ」
「さぁな」
 カウンターに頬杖をついて最後に一笑いする。
「まぁいいさ。それより面白い物が手に入ったんだ。見てくれよ」
 荷物を床に降ろしたガルドが取り出したのは一振りの短剣だった。
 隣ではまだクレアが笑っている。俺はオーフィスから届いた手紙をこっそりしまい、カウンターに付いている引出しに収めた。
 穏やかなある一日の昼下がり、俺は短剣の鑑定に取りかかる。
 さぁてお仕事お仕事、と。

ライン